なんだこりゃ???

鼻をモチーフにしたNIKKORIEさんの箸置き「鼻の穴はしおき」。「なんだこりゃ???」と笑わずにはいられない。陶器で作られた鼻の穴に箸が置いてあるというか、むしろ刺さってるように見えるが、箸置きとしての機能は確かに果たしている。

鼻のモチーフの陶器だから許されるが、これと同じことを生身の人間でやったら確実に怒られる。NIKKORIEさんは笑いながら「これがやっちゃいいけないことをやれる楽しさです。大人が本気でやるとこうなるよ、というのを見せたい。夢ある大人でいたい。」と語ります。

とってもシュールな笑いを誘うこの箸置きの面白さはそれだけに留まりません。鼻の穴にはそれぞれ様々な色の釉薬が掛けられているのですが、例えば赤茶色の釉薬は、鼻血色という意味。他にも、水色の釉薬は、鼻水色という意味だそうで。

「お客様から型で作っているんですか?」とよく聞かれるそうですが、実は一つ一つ成形して手作りしています。その理由を尋ねると、「一つ一つ手作りすることで微妙に形に違いが出てくるので、お客様には自分だけのオンリーワンの箸置きを見つけてほしいんです。」と、NIKKORIEさんは答えてくれました。

ちなみに、NIKKORIEさんのギャグセンスはどのように培われてきたんですか?周囲の方の影響ですか?との問いには「わかりません」とのことでしたので、天性のものかもしれません。謎です。

真剣にくだらないものを作る

実は、「鼻の穴はしおき」は初期の作品で、NIKKORIEさんの原点とも言えるものです。この箸置きを最初に作った時に周りの人に見せたところ「なにそれ?」と言われたそうで(笑)陶芸で馴染みのあるものと言えば、普通の形をした皿やコップなどの食器が思い浮かびます。

ですが、面白いものが好きなNIKKORIEさんは伝統的な陶芸を追い求めるのではなく、もっと雑貨的なものを作りたいと考えていたそうです。他の作品の多くもそうなのですが、使う人がそれを使う時に初めて作品として完成し、より面白くなることを意識して作品を制作しています。

例えば、「鼻の穴はしおき」の場合、ただ単体で置いてあるだけでも面白いのですが、箸を鼻の穴に置くことでさらにその面白さが倍増します。面白さを追求するNIKKORIEさんの姿勢は真剣です。

NIKKORIEの誕生

制作に用いる様々な道具

陶芸の従来の考えの枠にはまらないでユーモラスな作品制作を続けるNIKKORIEさんは、「作品を使う人ににっこりと微笑んでほしい」と言います。実は、NIKKORIEという名前の由来もそこから来ています。自身もいつも朗らかでにこにこしているNIKKORIEさんにぴったり。

NIKKORIEさんは大学で芸術心理を学び、卒業後は仕事をしながら陶芸教室に通い始めます。3年ほど通った後、陶芸教室に転職し、そこで4年間働きました。友人の勧めで自分で作った作品のネット販売を開始し、現在に至るというわけです。

ものづくりが小さい頃から好きだったというNIKKORIEさん。高校時代の芸術コースでは絵を描いていたそうですが、生活の中で使える立体物も作りたいということで、陶芸を始め、現在のスタイルに至ります。

「鼻の穴はしおき」が出来るまで

「鼻の穴はしおき」がどうやって作られているのか、作業の一部をNIKKORIEさんに見せていただきました。

まず、大きな粘土の塊から小さい塊を切り出します。

粘土の塊を5分ほどこねる

切り出した粘土の塊をこねて、粘土に含まれる気泡を外に出す作業を行います。気泡が粘土に残っているままだと、粘土を焼く工程で膨張した空気によって陶器が割れてしまうことがあるからです。

粘土をこねるこの作業を菊練り(きくねり)と呼びます。菊の花のような模様が表面に現れることが由来だそうです。意外にも、そば粉を練る作業も同じような方法でこねるそうですよ。

菊練りの作業が終わった状態

菊練りが終わった塊から「鼻の穴はしおき」の製作に必要な分量の粘土を測って分けます。土の硬さは人の耳たぶほど。そこから徐々に鼻の形を作っていきます。粘土の塊から鼻が作られていく光景はどこか奇妙。

ヘラを用いて、鼻の穴の形を整えていきます。鼻の穴をヘラでホジホジします。ちょっと痛そう(笑)

最終的に形を整えるために、水分を含んだ筆で表面を優しく撫でていきます。鼻の穴に筆を入れられたら、ちょっとくすぐったそう(笑)

完成した「鼻の穴はしおき」

成形が完成すると、素焼きと釉薬を掛けた本焼きの工程に入ります。

全ての工程が終わると、「作って楽しい、使って楽しい、を続けたい」と語るNIKKORIEさんらしい「鼻の穴はしおき」の完成!です。

ピンク色

白色

鼻水色

材質 陶器
サイズ 縦5cm x 横4cm x 高さ3cm
価格(税込) ¥972
支払い方法 クレジットカード・銀行振込み
送料(税込) ・ゆうパック:全国一律680円 / 買い物合計金額15,000円以上の場合は送料無料
・定形外郵便:全国一律250円
発送予定 ご注文日から2~3日以内
備考 写真の色はディスプレイの環境によって実物と若干異なる場合があります。
鼻の穴の色

同じ作家の他の作品

カッパのアロマストーン
カッパにとってお皿ってとても大事な部分で、それが乾くと体によくないんですって。だから、お皿にアロマオイルを垂らしてあげてカッパも自分もハッピーになりましょう。¥1,728
きりかぶの小さな花器
お花を生けると森感たっぷりになり、周りに動物の小物や植物を置きたくなります。¥1,700~
きりかぶの歯ブラシ立て
森の中にありそうなアメ色でツヤツヤの切り株。歯ブラシ立てやペン立てとして使うことができますよ。¥1,350
剣道のメン箸置き
剣道のお面が箸置きに。お面の上側が少しへこんでいるのがわかりますか?その部分にお箸の先端を行儀よく揃えておくことができるんですよ。「メーン!」と言いながら、箸を箸置きに置きましょう。お食事が楽しくなる効果が期待できます。¥1,944
カブトムシのアロマストーン
アロマオイルを垂らすことで、カブトムシに樹液をあげてるような気持ちになって楽しい。カブトムシも嬉しいし、自分もアロマで癒されて一石二鳥!¥3,024
幸せになる箸置き
食事をするたびに幸せがやってくる、ありがたい箸置き。¥1,188